トップサスティナビリティ-CSR-

サスティナビリティ
-CSR-

TBSグループは、メディアの力を活用し、放送を中心とした事業活動を通じて、社会の持続的発展に貢献しています。

TBS グループのCSR活動

TOPICS

SDGメディア・コンパクトに加盟

2015年に国連の全加盟国が一致して採択したSDGs(持続可能な開発目標)は、貧困や気候変動、平等など世界が共通して直面する様々な社会課題の解決に向け、2030年までに目標の達成を目指すものです。
TBSは報道機関としてSDGsに関する認識を高め、行動の活性化を支援するために国連の「SDGメディア・コンパクト」に加盟しました。
今後はSDGsに関連する社会課題やその解決方法について積極的に報道するなど、国連や各国のメディアと連携し、SDGs達成に向けた世の中の動きを後押ししていきます。

SDGメディア・コンパクトに加盟

再生可能エネルギー化へのとりくみ

TBSグループでは、「みんな電力」をパートナー企業として、2018年12月にTBSラジオ戸田送信所を再エネ化、2019年10月にはTBS赤坂ACTシアター、マイナビBLITZ赤坂、赤坂サカス広場の3施設を同時に100%再生エネルギーへの切り替えを行いました。引き続き再エネ化の検討と推進を行っていきます。

再生可能エネルギー化へのとりくみ

ダイバーシティ施策“T-work”の整備

TBSらしい働き方を「T-work」と題して、「働き方改革」の流れを一層推し進めています。

ダイバーシティ施策“T-work”の整備

テレワーク

2019年10月に本格スタート。
当初は介護や育児、病気治療などに向き合う社員を対象としていましたが、新型コロナウイルス対策として対象を全社員にも拡大しています。

はなさかす保育園

博報堂、博報堂DYメディアパートナーズと共同で、事業所内保育所「はなさかす保育園」を2018年4月に開園。
子育て社員の支援に加え、地域にも開放し、多様な視点や価値観に触れる社員教育の場としてダイバーシティにつなげています。

はなさかす保育園

企業内大学「TBSグループユニバーシティ」

TBSグループで働く全ての方が参加できる学びの場として2018年に開校。
激変の時代に対応して、今後も成長し、社会に貢献し続けるために、仕事と個人の成長に役立つ様々な講座を設けています。

企業内大学「TBSグループユニバーシティ」