トップメッセージ

皆様には平素より格別のご高配を賜り、心から御礼申し上げます。
(株)東京放送ホールディングス、(株)TBSテレビ代表取締役社長の佐々木卓(ささきたかし)でございます。

当社は2020年春、皆様との新たな約束”ブランドプロミス”を掲げました。
「最高の”時”で、明日の世界をつくる。」
私たちグループが、さまざまなフィールドで心揺さぶる”時間”を皆様にお届けし、社会を動かす起点となることを目指す。その未来への決意を表明したものです。

1951年創立の当社は、総合メディアグループとして、放送、映像、文化、動画配信、不動産・ショッピング事業などを展開しています。TBSテレビのドラマやバラエティ、報道・スポーツ番組は幅広い支持を頂き、日本の放送文化の一翼を担ってきました。
さらに新時代に向けて、ライブエンタテインメント・教育・海外事業など、より一層の展開に翼を拡げ、世界の人々に愛されるコンテンツとサービスを創りだし、価値ある情報発信に努めてまいります。

そうした新展開の一つとして、世界中で大ヒット上演中の話題の舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』を、2022年夏から皆様にお届けします。TBS赤坂ACTシアターを専用劇場に改修し、開局70周年を記念してのロングラン上演を始めます。ロンドン、ニューヨークなどに続いてアジアで初、世界で7番目の上演となります。

また、次世代メディア発信拠点作りとして、『赤坂エンタテインメント・シティ構想』を発表しました。TBS本社のある東京・赤坂の地で再開発を行い、国内国外のお客様に親しんで頂けるライブエンタテインメント施設や文化発信機能を拡充し、「世界最高の感動体験を届ける街にする」ことを目指しています。

TBSグループは、新しいことにチャレンジし続けます。そして、責任ある放送を基盤とするメディア企業として、希望にあふれる社会、持続可能な豊かな社会の実現に貢献してまいります。ご期待を頂くとともに、ますますのご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社東京放送ホールディングス
株式会社TBSテレビ
代表取締役社長 佐々木 卓