TBSホールディングス・TBSグループ個人情報保護の基本方針

TBSホールディングス・TBSグループ個人情報保護の基本方針

2005年1月1日制定
2009年6月25日改定
2016年1月1日改定


株式会社東京放送ホールディングスとTBSグループは、高度情報通信社会において個人情報の利用が著しく広がる中、その取り扱いを慎重に行い、個人の権利利益が侵害されることのないよう万全を期す。
当社業務に関わる全ての者は、個人情報保護に係る法令等を遵守し、ここに定める方針を自ら規律をもって実践する。
また、国民の知る権利に奉仕し、表現の自由を担う報道・著述を目的とした個人情報の取り扱いについては、放送の社会的使命に照らし、適切な保護に努める。

  1. 個人情報は、その利用目的を明らかにして、必要な範囲内で適切な方法により取得する。
  2. 個人情報は、その利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容を、適切に保持して利用する。
  3. 個人情報は、原則として、本人の同意を得ずに第三者へ提供しない。
  4. 個人情報は、定められた責任者のもとで、不正アクセス、漏洩・滅失・き損及び改ざん等のリスクに対して、
    適切な対策を実施する。
  5. 個人情報は、必要に応じた最短の保存期間を設定し、保存期間終了とともに確実に消去する。
  6. 個人情報を取り扱う従事者及び適切に選定した委託先に対する監督と必要な研修・啓発を行う。
  7. 個人情報の本人からの開示、訂正、削除、利用停止等の要請、苦情に対する手続きを定め、
    誠実かつ速やかに対応する。
  8. 個人情報の漏洩・滅失・き損に際しては、速やかに適切な処置を講じる。
  9. 個人情報保護の施策を継続的に見直し、適切な改善を行なう。